バルトレックスでの治療について

バルトレックスでの治療について

一般的にヘルペスや帯状疱疹を治療する際はバルトレックスを処方される方が多いでしょう。しかし、バルトレックスで治療中には「本当にこれで治るのか」と不安を抱く方もいらっしゃると思います。そんな不安を当サイトで解消してください。

バルトレックスと併用してもいい薬、ダメな薬

バルトレックスは単純疱疹、帯状疱疹、性器ヘルペス、水痘などのヘルペスウィルスによって引き起こされる疾病の治療に使用される薬品です。飲み薬の他、塗り薬や注射薬があり、症状によって使い分けられます。
ウィルスとは細菌と異なり、小型で、他の生物の細胞内で増殖するものです。ヘルペスとは水ぶくれが集まった状態を意味する言葉で、ヘルペスウィルスによる感染症をも指しています。
ヘルペスウィルスは身近に存在し、水痘のように誰もが感染する可能性のあるウィルスです。人間に感染するヘルペスウィルスには8種類が知られており、その症状はウィルスによって様々です。バルトレックスはヘルペスウィルスに感染した細胞内で活性化し、ウィルスDNA鎖の伸張を停止させ、その複製を阻害してウィルスの増殖を抑えます。ウィルスの少ない発症初期に使用すると効果的で、病状の悪化が抑えられ、治癒が早まります。第一世代の抗ウィルス薬剤に比べて吸収効率が良いので、同剤が1日5回の服用であるのに比べ、1日1~3回と服用回数が少なくて済みます。
バルトレックスは副作用は少なく、稀に下痢や吐き気、発疹、めまいや眠気、頭痛などが見られる程度です。但し、非常にまれなケースですが、精神変調や意識障害を起こす場合があり、自動車の運転の可否については医師とよく相談する必要があります。また、痛風薬、胃薬、免疫抑制剤、ゼンソク薬などの併用は避けるようにします。更に腎臓の悪い人や高齢者では薬の排泄が遅れる場合があるので、投与間隔をあけるなど、注意が必要です。高齢者では水分を適切に取るようにします。
バルトレックスは医師の指示通りの期間、続けて服用を行います。素人判断で勝手に中止すると、治癒が遅れたり、再発の恐れがあります。

■真菌で原因の水虫にはこちら
ニゾラールクリーム
■バルトレックスを正しく服用してウィルスを撃退しましょう
バルトレックス使用方法